“すきなもの”を好きなだけ。

おたくのひとりごと。

『好き』の過去形。

 

 

書いては消して、また書いては消して。気づいたら更新なく数ヶ月経ってしまった。まぁ、ブログにするほどの話がなかなかなかったって話でもあるけど。noteはチマチマ書いてたけど、内容も書き方も自己満足というか、思ってたことブワーーーッとしてた。(見覚えのある言葉並び)

 

 

さて今回は、ブログにするほどの話らしい。とりあえず、需要あるなしに関係なく、私の中でけじめがついたのと、どうしてもこれは書きたいと思ったから記念も兼ねて書きたいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

私はこの9月をもって関ジャニ∞大倉忠義さんの担当を降ります。

 

 

 

 

もう、このブログをリスタートさせた時もかなり担降り状態だったけれど、心の奥底のどこかでまだ好きって気持ちはあって、担降りしないでむしろ担戻り(?)するんじゃないかって思ってた。

そして、この夏はありがたくご縁があって、ジャムに行った。1年ぶりの大倉くん、1年半ぶりの東京ドーム。セットリストも本当に好きが詰まってて、最初は驚いたけど関ジャニ∞さんらしくて、全てが幸せで楽しかった。こんなに何も覚えていないコンサートは初めてだった。やっぱり関ジャニ∞が大好きだ〜って思った。

 

 だけど、それは長くは続かなくて、今日のミュージックステーションSPをみて確信した。

 

やっぱり、前みたいに応援出来ない、と。

 

実は、数日前に簡易担降りブログのように、担降り宣言ツイートを呟いた。正直それは勢いで書いたところもあるし、自分も冗談半分なとこもあった。だけど、その気持ちに偽りはなかった。

 

彼らを好きになったのは、まだ義務教育を受けていた頃、4年〜5年ほど。何がきっかけかははっきりと覚えていないけれども、友達に見せてもらった8ESTのDVDで、完全にハマったんだと思う。当時嵐が好きだったが少し熱が弱くなってきた頃だと思う。(さすがにあやふやすぎて気になって、CDの発売日とか調べたら、主題歌が「愛でした。」のパパドルは見てた記憶がある。本当に好きになった時期が謎。) もう初めて見た時のことなんて覚えてないけど、私にとっては新しいタイプの刺激だったのだろうと思う。ずーっと「嵐のファンクラブに入る」と言っていた私が、高校受験を控えた年に関ジャニ∞を好きになり、受験が終わる頃には関ジャニ∞のファンクラブに入っていた。

 

そこからは、高校までの通学路にCDショップがあって、お小遣いを少しずつ使ってシングルやアルバム、ライブDVDはちょっと背伸びしてBlu-rayも買った。田舎の小さなCDショップだったから店員さんや店長さんにも、あの高校の制服でジャニーズのものをよく買う高校生として覚えられていた気がしている。

さらに、高校生になって活動範囲も広げた。人生初めてのコンサート。それが関ジャニズムだった。ファンクラブに入って初めてコンサートは十祭だったはずだけど、部活の都合が悪くて行けなかったし、応募もできなかった。お年玉を大事に12月まで残して、私に8ESTを見せてくれた友達と一緒にアリーナ席に入った。その時の風景や雰囲気は未だにはっきりと憶えている。遊園地がテーマの映像、真横をトロッコで通ったメンバー、そして東京ドーム全体がペンライトでカラフルに染まった風景。今でもたまに無性に関ジャニズムが恋しくなって見ることがある。

その翌年のドームツアーの元気が出るliveもその友達と行って、ファンサを貰った気がしている。更に去年はTwitterで仲良くなった子のお陰で、リサイタルの制作開放席にも入れた。

 

だけど、そこからは徐々に受験や自分のこと、更には彼らの後輩達に熱量を注ぎ始めた。

 

なぐりガキビートは、受験期真っ只中でCDは春になってから買った。

ジャムは、迷いに迷ったけど通常版を買った。

奇跡の人は、もう、どうしても買う気になれなかった。

そして、9月18日。

Mステの『今』を見て、「ジャムの『今』の真鳥くん、かっこよかったなぁ」って呟いた。

 

実は、今年の夏のコンサートは、半分Jr担をする気持ちで入った。前半は大倉担、後半はほぼ真鳥担と決めてた。実際、出番がある時はほぼ真鳥くんのことを追っていた。そんな自分に罪悪感がなかったと言えば嘘になる。だって、大倉くんは私にたくさんのはじめてを経験させてくれた人だったから。初めてのコンサート、初めてのファンサ。そんな大好きな人の前で、別の好きな人ばっかり見ているなんて。

 

だけども、そうしてしまった理由の一つに、やっぱり少し距離を感じてしまった。“もう私が応援できるほどの人たちではない”と。“彼らはもう次のステージに行った”と。

 

 

だからこれは、「嫌い」などのマイナスな感情で担降りをするのではない。なんなら、むしろ関ジャニ∞は好きだ。だけど、その好きの気持ちを上回る人やグループがいることは事実。

 

その関ジャニ∞に対する好きの気持ちを上回る人たちは、彼らの後輩であるジャニーズWESTや関西ジャニーズJrだから、今回のMステの対決(?)のように歌番組やレギュラー番組、コンサートや見学などいろんな場で絡みがある。だから定期的に関ジャニ∞や大倉くんをみて「好き」って思うはずだし、言うはず。

 

さらに、担降りはするけど、普通に気になったCDやDVDは買うと思う。さっきも書いた通り、「嫌い」で担降りではない。関ジャニ∞の音楽やコンサートや雰囲気が大好きなのは確か。だから、レギュラー番組だって見るだろうし、関ジャムで『JAM LADY』やるって知った時は嬉しかったし楽しみにしている。

 

ただ、こんな感じでずっとズルズル好きでいるのも自分が嫌だったし、好きの熱量が少ないのに“担当”って言うのが心苦しかった。

だから、文字通り、「担当」を「降り」る。

これからは、『応援』という形で私は関ジャニ∞や大倉くんのことを見ていこうと思っている。

 

(自分でもこの『担当』の定義がいまいち分かってないから、ここで示している私なりの説明をすると、『一番応援したい人』は『担当』、『一番ではないけれど応援したい人』は『応援』という感じで呼び分けている。ジャニーズを好きになりたてのころは「神担」「副担」なんて言い方してたけど、それともまた違う感じ。)

 

 

長々と書いたけど、やっぱり私のジャニヲタとしての初めてとか沢山色んなことを経験させてくれたのは大倉くんのお陰というか、大倉くんのファンだったから経験できたことだったって思った。

 

何度も言うけど、これは「嫌い」というマイナスな感情で担降りするんじゃなくて、「好き」というプラスの感情を残したまま担降りする。

 

これが1番、自分にしっくりきた担降りの時期と仕方だった。

 

 

 

たくさんの笑顔と、元気と、幸せと、生きる希望と、人との繋がりのきっかけと、楽しい思い出を本当にありがとうございました。『一番好き』ではなくなってしまうけど、これからも沢山の活躍を期待しています。

 

関ジャニ∞さん、大倉忠義さん

本当に、本当にありがとうございました。

大好きです、だけど大好きでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…ジャム早く映像化されないかなぁ(笑)

 

君を知り尽くしたくて〜その3〜

続きそして最後( ・᷄・᷅ )

 

 

 

なうぇすと静岡公演にお邪魔して、抜け殻になったままの私。

 

そこに飛び込んできたのは、4月のとれ関に真鳥くんが出演!大西流星くんと佐野晶哉くんという年の離れた3人で!

真鳥くんへの好きが溢れているこの時に、こんな発表があって、心臓にかなりの負荷がかかったけど凄く凄く幸せに感じました。

 

春松竹では代打でコントの先生役をやったり、とあくんとヤンキーをやったり、JKになったり、なんてレポも頻繁に探すようになって。まとすえこじゃでやっているWater Dropが見たくて見たくて仕方なくて、だけど春はもう無理だから、夏は絶対1回は松竹座に行きたい、と思いました。

 

なうぇすと大阪で不在と知った時、ちょうど私も体調を崩していて、不謹慎すぎるが同じタイミングで体調を崩したことにときめきました。だけど、とってもとってもとっても心配になって。そういえば冬松竹後でもそんなことあったよね?と思い、そこから数日は体調良くなったかな?なんて心配したりしました。

 

とれ関は毎週毎週、甘いおやすみを期待しつつ、大好きな人の声が聞ける喜び、私の大好きなお兄ちゃんまとくんが発揮されてることにニヤニヤしつつ、とっても楽しい15分間を過ごしています。

 

21日発売のMyojoだって、楽しみで楽しみで仕方がなかった。初めて雑誌の2冊購入を考えている。あの8人と一緒にいる真鳥くんが大好きだから。あの8人が大好きだから。

 

 

そしてついこの前、なうぇすとに行ってから1ヶ月経ちました。

この1ヶ月は重岡くんももちろんだけど、それ以上に真鳥くんのことを沢山いろんな人に話したし、ツイートをしました。

 

真鳥くんのJr歴からしたら、私はとってもとってもファンとしては新参者だし、正直なところ重岡くんより年上のJrを応援するってことに未だに戸惑っている。ここまで好きになったJrははじめてだから、Jrを応援することががどんなに大変で、どんなに楽しいかもちゃんと知らない。

 

こんな私が応援していいのかな、ファンになっていいのかなって思うこともある。

 

 

だけど、彼を応援したい、大好きだという気持ちに嘘はない。

 

 

真鳥くんが好きすぎて、一瞬だけ重岡くんを降りれちゃうんじゃないかって思ったことがありました。それも4月に入ってから。

 

だけど、私が真鳥くんを好きになったのは多分その重岡くんにない部分を補ってくれる力があるところ。そして、私が重岡くんからやっぱり離れられなかったのは、真鳥くんにはない部分を補ってくれる力が重岡くんにはあるところ。

 

散々色々な人を好きになって来たけれど、こんなに楽しい気持ちははじめてかもしれない。前にも思ってたのかもしれないけど、やっぱり今こうやって応援しているのが最高に楽しいし嬉しい。もっと一緒にいろんな世界を見たいし見せて欲しい。

 

何が起こるか分からないJr担、そしてデビュー組ですら何が起こるかわからない時代。1年後、半年後、もしかすると1ヶ月後にはこんなことを思ってないかもしれない。

 

だけど。

 

いまこうやって自分の可能な範囲で、自分のペースで、大好きな重岡くんと真鳥くんを中心に、ジャニーズWESTやfunkyな8人・関ジュを応援出来ていることがほんとに楽しいし、嬉しいし、幸せ。

 

こう思わせてくれたのは真鳥くんのおかげです。ありがとう。

まだまだ私は新参者で貴方のことを語るには語彙力だってないし、過去のことは、まだ知ろうとしてる途中だけど、これからも自分のペースではありますが、応援させてください。よろしくお願いします😊

 

 

 

 

 

 

 

 

長くなりましたがこれにて終了!

語彙も少なく、構成も滅茶苦茶で、本当に読みにくい文だと思います。正直なところ、ただの自己満足の記録みたいなところもあります(笑)ただ、ほんとに自分にとってはかなり衝撃的なことだったので記録させていただきました。恥ずかしくなって記事を下書きに戻したらごめんなさい(笑)あと、まとくん、真鳥くんなど呼び方がころころ変化して読みにくくてごめんなさい…m(_ _)m

 

本当に長くなりましたが、お読みいただきありがとうございました。

 

 

 

早めに夏の松竹座の発表を待ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P.S. とれ関の真鳥くんの甘いおやすみは、身体が起きてしまい、終了後1時間ほど眠れませんでした。まとりくんすごい。

君を知り尽くしたくて〜その2〜

前回の続き。

 

 

 

最後の受験が終わった日。つまり、映像禁止期間が終わる日。

というわけで、フォロワーさん(Mちゃん)と一緒にカラオケのデュアルモニタールームデビューをしました〜!

 

大画面で自担を見れるという贅沢な空間で見たものは、・ラッキィィィィィィィ7 ・セクゾサマパラ ・少年たち の3本です。

 

まず初めに、ラキセを再生しました。

大画面でみるJr紹介コーナーの真鳥くん。関ジャニ∞のMasterpieceを踊る真鳥くん。

前述したように、受験のためにコンサート映像を見るのを禁止していた私。その解禁がJr紹介コーナーの真鳥くん。それも大画面。

 

かっこよすぎ!可愛すぎ!画面越しに狩られた!

 

興奮しすぎて、シャッター音を鳴らしていたことしか覚えていません。語彙がどっかいってた気もする。ご褒美でデュアルモニタールームはイイぞ。

 

その後せくぞサマパラ(#H♡B)というワンクッション(にならなかったけど)を置いて、少年たちを見ました。

Mちゃんは、何度かそれを再生して、現在のfunkyな8人のいる場所を見つけくれていました。

 

Mちゃん「この曲バックにまとくんいるよ」

私「嘘待ってどこ?…うわやばい、しんどい…」

 

私の語彙は受験ですべて使ってしまったようです。

 

大人の真鳥くんしか知らなかったので、ちょっとまだ幼い真鳥くんは可愛かったです。それ以上にあの時の関ジュはグループ乱立だったし、強すぎるし、重岡くんが可愛過ぎるし、って感じでした。いやぁ、重岡くんもかっこよくなった…(誰)

 

 

そうこう過ごすうちに鑑賞会お開きになり、次は静岡で会う予定があったので、なぜかサマパラと少年たちを借りて、ジャニショに寄って、帰宅しました。(セクゾのサマパラはほんとに楽しかった)

 

 

そんなこんなで2月は過去のin大阪、コンサートのDVD、少年たち、まいジャニと見ているうちに3月になってしまいました。

 

 

無事に大学生になれることも決まり、静岡公演のチケットも届き、座席もわかり、卒業し、いよいよ公演日が近づいてきたということで、うちわ作りを始めました。

 

実は鑑賞会の前に、Mちゃんと一緒に有名な団扇文字専門店に行き、「真鳥」と「誠也」の文字を作っていました。

軽率に真鳥団扇を持つことを決めていた私は持たせていただくことを決めました。(これについては本当にありがとうございました…)

 

そのため、初めてのうちわ作りは「重岡」を作り、それから今まで使っていた片面しか作っていなかったファンサ団扇をもう片面作ることにしました。

 

ダラダラと作るのが得意なので、数日間かけてダラダラと、コンサートのDVDを見ながら作りました。

それがこちら。

f:id:shirousa87:20170422204715j:image

ファンサ団扇は、「エアハグして?」を作りました。初めてにしてはシンプルないい出来で気に入ってます。

ただ、ヲタクって不器用ではダメなんだなと思いました…。

 

 

 

 

そして3月18日なうぇすと静岡公演当日。

 

私に奇跡が起きたのです。

 

その日は春の松竹座公演もあり、静岡のバックにつくのは誰だと朝から話題になっていました。そして、私が初めて真鳥くんのことをツイートしてから、丁度3ヶ月の日。

 

松竹座昼公演が終わる頃にTwitterを開くと「真鳥くん不在」とのツイート。

 

コンサート始まる前に泣きました。(盛った)

 

この公演が、真鳥くんはじめましての現場になりました。

 

そんなテンションも落ち着いた頃、会場にはいりました。エコパアリーナは小さいと聞いていましたが、確かに小さく、センターステージも双眼鏡のピントを合わせるのが大変なくらいでした。

 

もちろんまだこの時はセトリが変わっているとは知らなかったので、「この距離でhairみたら死ぬかも」なんて思ってました。

そして、客電が落ち、WESTが登場。

重岡くんを見つつも、見つけられる時は真鳥くんを探していた私。比率は7:3くらいでしたけど。

 

そしてJrコーナー。

hairだ…と思っていたその時、流れてきたイントロは聞き覚えのある、そう

 

関ジャニ∞のブリュレ!!

 

これはOPのパリマニより叫んだ記憶が。

エイトからJrまでまるっと関西が好きな私にとって、この曲はほんとずるかった。

松竹座でやっている事も知っていたから本当に本当にずるかった。

しかし、センターステージで踊る真鳥くんを見ていたはずなのに、曲に感動しすぎて記憶が全くない。Jrコーナーだけ魂が会場のなかをグルグルしていたのかもしれない。

 

そのあとの、シングルメドレーにて。

目の前の外周に真鳥くんが踊っているではありませんか!!!

とっさに私は数日前に頑張って作ったエアハグ団扇を持ってペンライトを振っていると、目の前に自分の肩をぎゅっとする真鳥くんの姿が。

 

えっ?!?!?!?!

 

ペンラを振っていた腕、ノリノリだった身体、そして思考回路が全て止まりました。

 

 

私は、真鳥くんに抱かれ…違う。

 

私は真鳥くんにエアハグをされたのです。

 

最初振り付けかと思ったんですよ。

未だに振り付けかと思うこともあるし、公演中なんてそれはもちろん。

しかし、終演後連番していた子に聞いたら、「あれは、りんの方を向いてエアハグしてた」とのこと。

 

 

真鳥くんを好きになって3ヶ月、あっさり狩られました。

 

 

(実際ほんとにエアハグされてなくて振り付けのひとつだったとしても、私や連番した子にはそう見えたので、私達の自意識過剰だったとしてもファンサだったと思わせてください。もうさすがに記憶が曖昧になりつつあるし、どっちにしろ担当フィルターはかかってるんで…)

 

 

その翌日の1部は逆サイドにいることが多くてなかなかチャンスがないまま公演終了。

 

 

ただ、その余韻が凄すぎて帰宅後数日はふわふわしたまま生活していました。

 

 

本当に真鳥くんって凄い。

 

 

ここまで長々と拙く語彙のない文章をお読みいただきありがとうございます。ちょっと長くなりすぎたのでもう1記事続きます。それにて終了させます。もう少しのお付き合いよろしくお願い致します。

 

 

 

君を知り尽くしたくて〜その1〜

ジャニーズWESTを応援していれば、ハマってしまう可能性のある関西ジャニーズJr.

 

関ジュも沢山いるし、ここからまた誰かにハマってもおかしくない!と思いながら、ひっそりと大西流星くんと大橋和也くんをひっそり応援していました。

 

 

 

 

 

 

去年の12月までは。

 

 

 

 

 

2016年12月18日

何がきっかけかはわかりません。

ただその日呟いたツイートには彼の名前が!

 f:id:shirousa87:20170422192113j:image

(林真鳥くんの名前を連呼する私)

 

ちなみに、12月なので試験を1ヶ月後に控えた受験生です。「なぜこのタイミング…」と思いつつも、冬松竹のレポが流れるTLと赤本とをにらめっこしてしてました。(ちゃんと勉強しろよ)

 

 その翌日、学校にて友達に「林真鳥くんがかっこよすぎて意味がわからないんだけどどうしよう」と話したので、そういうことですね。(どういうことだよ)

 

 

 

 

年が明けて2017年。

ジャニーズWESTのツアーなうぇすとが横浜アリーナから始まりました。

 

その時もう静岡参戦が決まっていましたし、3月だったのでセトリ調べても忘れてしまうだろうと思い、私はセトリを調べました。

 

レポ 『funky8でキスマイのhair!』

 

私「ちょっと待って…うそ…私これ生で見たら死んじゃうかもしれない…」

(ま、静岡では違う曲でしたけど笑)

(それに実際もう少し暗号みたいなツイートしていた)

 

少しだけキスマイが好きだった時期があったため、そのやる曲がどんな曲か知っていました。

 

 その後のツイートをみると

 “Jrコーナーだけ真鳥担出来る” “まとくんの立ち位置が知りたい”

など意味不明な供述をしており…(?)

 

まだこの頃は「真鳥担」としていなかったのがわかります✩

 

 

ですが、横アリでの公演期間中、多分重岡くんより真鳥くんのことをツイートしていました。

口を開けば「まとりくんえろい」「パリピに落ちると思わなかった」「ほんと女を狩る天才まとくん」と言ってました。

 

怖いなぁ…強いなぁ…まとりくん…笑笑

 

ただ、いつまでもまとくんに騒いでいるわけにもいかず、とりあえず横アリ期間中に過去のWESTのコンサートのJrコーナーを見て、それ以降は受験が終わるまでコンサートのDVDは再生しない、と決めました。

 

しかし、沼に深く落ちていくための素材は沢山あるらしく、次の週末は、

 

『まいジャニ新春大運動会』

 

YABAIZO!!  HAMARUZO!!

 

冒頭でもお話したように、大西流星くんもひっそりと応援していた私。

なにかを予期していたかのように、真鳥くんと流星くんが同じ青チーム。少しだけ気になっていた福本大晴くんも青チーム。

仲の良いフォロワーさんからは「りんちゃんのための青チーム」と言われるくらい…。

ただの奇跡ですけども。(笑)

 

バスケ経験を話す真鳥くん、シュートを決められない真鳥くん、バレーでサーブを失敗する真鳥くん、ウッ〇ィみたいな走り方をする真鳥くん。

 

可愛い…す、好きだ…大好き…

 

と、本格的に応援することを(多分)ここで決意。(それまで気の迷いではと思ってたところもあった)

 

 

 

センター試験〜一般受験時期の私は

・静岡公演で軽率に団扇を持つことを決意

・「受験終わったらすぐ団扇作るわ」

・お、値段以上で有名なニ〇リのCMでニヤける

・受験直前映像禁止期間を耐える

・暇さえあれば「真鳥くん」とツイート

と、すっかり底なし沼へ落ちていきました。

 

 

そして、華麗に沼落ちと受験を両立し、無事に全ての受験を終えました。

 

 

心置き無くヲタクやれるぞ〜!静岡まで頑張るぞ〜!と、幸せな1ヶ月間の受験休みの始まりです。

 

 

 

その最後の受験を終えた日、そこから静岡、そして今のお話は次の記事にてお話します。

 

 

 

まだこれでもしんどい序章だからしんどい。

 

 

 

 

マジであんた達は最高や!〜なうぇすと静岡〜

1ヶ月経ちますが、なうぇすと静岡の話。

細かいレポは苦手なので、大まかなただ一個人の感想と記録になります。ネタバレは含みます。

 

 

 

デビュー当初からWEST担・重岡担してたのですが、実はの実は今回のなうぇすとがジャニーズWESTのコンサートは初参戦でした。

お金と人脈の都合でなかなか行けなくて、高3になってからは「受験が終わるまでWESTには会わない!」って言ってました。(と、言いながら夏休みに少年収入った)

 

そして、受験直前の大事な時期になぜか林真鳥という罪な男()に落ちるし、参戦前までは楽しみすぎて永遠とコンサートのDVDを見るとかしてました。(2月は少年たちとサマパラばっかり見てたけど)

 

 

 

静岡公演のみでお友達と応募し、ありがたい事に当選し、3公演のうち18日スタンド席と19日1部アリーナ席の2公演に入ることが出来ました。

 

 

 

18日は私にとっては初参戦で、会場に着くと心臓がバックバクいってました。食欲は無くなるし(毎回)、無条件に頬が緩むし、意味もなくドタバタ騒ぎたくなるし…(さすがにそこは抑えた)

 

そして、公演が始まるあの電気が落ちる瞬間。

あれって無条件に叫んじゃうものなんですね←

声にならない叫びにもなったりするけど、身体が勝手に叫びたがってるんだ(?)

関ジャニ∞のドーム公演しか参戦したことなかったんですけど、あの時も叫びました。

 

 

事前に「OPの映像がYABAIZOだからガン見して?!」と教えて貰っていた私は、上の方にあるちっちゃい四角い画面を凝視しました。性の癖でした。最高です。

 

事前にセトリは調べていたので、1曲目がパリマニだと知ってたのに!あれは!やっぱり!叫ぶ!

 

アクセントダンスでかっこつけた後の上からアイス→バクステでたこ焼きの流れを考えた方はぜひ…菓子折りあげたいです…。

前々から思ってたんですけど、WESTさんって被り物系が意外と似合いますよね…?アイスもたこ焼きも大好きでした。

 

2日目のギラギラブベイベーのアリトロで、流星くんが近くを通ったんです。その時の自分のファンを探している時の顔が大好きでかっこよくて忘れられなくて…。終演後団扇とフォトセを購入させて頂きました。顔が美しいは強い。

 

MCも2日間、一緒に入った子と爆笑させてもらいました!!照史君の舞台の話や学校の先生の話、振付師さんの話!全部全部笑いすぎて腹筋が割れるかと思いました!割れませんでしたけど!

 

 MCの次の無鉄砲ボーイは、1日目も2日目もセンステの画面を凝視してました。ただ、あの時私は重岡くんのお相手のマネキンに魂を飛ばしていたので記憶が曖昧です。

 とりあえず結論は、無鉄砲ボーイは心臓に大きな負荷がかかる。

 

雪に願いをでは、1日目に見かけたとあるヲタクの方の印象が強すぎました…。スタンドからみえたアリーナ席方なので顔もわかりませんし、勝手に書くのも失礼なので書きません。が、ガチ勢ェ…って感じでした。強い。

 

I got the FLOW は まじでYABAIZO.

コンサート後に一番聴いてる曲です。

あの比較的小さな会場であの歌が流れた時の重低音が忘れられないです…余韻がかなりYABAIZO!!

 

 

実は、1日目のシングルメドレーの途中で真鳥くんに狩られたんです…。それがしんどいofしんどいで…。まとりくんについては次の記事で全部書きますね!(これ前回も似たようなこと言った)(先延ばしにしすぎ)(すみません)

 

 

KIZUNAは号泣するかと思ったら、うるっときただけで、重岡くん見れてました。やっぱり歌ってる時の表情大好きですね…

 

アンコールはスタトロ・アリトロ誰もファンサはしてくれませんでしたが、かなりの近さで表情、汗まで見えてほんとありがとうございます🙏✨という感じでした。

 

 

 

 

初めてこんなに長く書きましたね…

これでもかなり短くしたほうです←

『やばい』『無理』『かっこいい』『最高』しか出てこなくなるので頑張って短くしました(°°;)

 

 

最後に。

WESTのコンサートに初めて行って思ったことは、内容が濃くてそのおかげかカロリー高くて体力の消費がすごいけど、楽しさとお祭り騒ぎ感と余韻は本当に凄かった!これはクセになる…

初参戦楽しかったです!

ぜひ次は夏コンしませんか?!

 

 

 

と、思ったけど24魂のDVDが出ますね!!!!

あ〜〜〜!!!!楽しみ沢山!!!!!

 

 

 

(初のかなりの長文ありがとうございました☺️)

変化。

どうも、お久しぶりです。

今までの投稿を消して心機一転スタートです。

地獄の受験期を乗り越え、合格し、新しい生活も始まり、とりあえず再びのびのびヲタクし始めました。(親曰く受験期でも充分ヲタクしてたらしいけど個人的にはそこそこ自制してた)

 

受験期を超えて諸々変化があったので記録がてらまとめようと思います。

 

 

その1:ほぼ担降り

関ジュのラジオを聞いていたら、関ジャニ∞のnewアルバムの話がタイムラインに流れてきました。アルバムは絶対買う!と思いましたが、通常盤でもいっかとも思いました。

朝起きたら大倉くんの初主演舞台が決まっていました。それに私は「おめでとう🎊だけど見に行くほどの熱量はないかな」と呟きました。

 

受験期でもよく思ってたし言ってたけど、この数日間で私はこの人達から今年で離れていくんだ、と強く思いました。ただ言えるのはきっぱりとは離れられないということ。今SNSで仲の良い人はエイトが好きだった頃に仲良くなった人が多いから、バイトができない中お小遣いなどで初めてちゃんと“貢ぐ”ということをした人達だから、今応援してる人達と繋がりがあるから、そして何より彼らの音楽が大好きだから。

担降りまではならないけど、ゆるヲタ?ほぼ担降り?くらいの熱量で、応援していけたらなと思います。

 

 

その2:関西沼

WEST担なら必然的にハマる可能性のある沼

結論から言うと、ええ、すっかりハマりました。

それも重岡くんより年上の彼に。

そう、林真鳥くんです。

 

これはまた別投稿で詳しくお話しますね。

これはマジで突然すぎて話が長くなりそう。

 

ちなみにこの前のなうぇすとは半分真鳥担として参戦してました。コワイ。ツヨイ。

 

 

 

 

もっとあるかと思った(笑)

大ニュースはこのふたつしかないのか(笑)

 

 

とりあえず新しい生活に慣れつつ、気ままにヲタクします🙌🏻